VIO・顔・うなじ・NR・・マニアック脱毛の実態レポ

20代で腕・足・ワキは終えたけど、いろいろ気になるトコロを徹底的に脱毛していくアラフォーの口コミレポ

VIO脱毛レポ(ピュウベッロ)3.VIO 確かに痛いが 耐えられた!

・2013年9月23日:この新サイトに移転しました!
Pocket

さて、生理サイクルの乱れによって2度も延期となったVIO施術初日。
櫻田さんはその痛みに耐えられるのか?

VIOフラッシュ脱毛照射初日の一部始終をレポします!

■ ドキドキと部屋で待っている時間がツライっ。

まずは前回同様、タオル地の施術着に着替え、紙パンツをはき、
エステティシャンを待ちます。

意識がVIOに集中して、なんだむずがゆくなって来ますが、
あまり意識すると、施術中にくすぐったくなったり、
痛さを感じやすくなってしまうと思い、
できるだけ他のことを考えようとします。

バッハ君のことを考えようとしてみますが、
このツルっとした状況はどう説明すべきかについてまた悩みはじめてしまい、
さらに意識がVIOに向いてしまいます。

こんなんじゃいけないッ。

昨日読んでて面白かった2chのスレッドのことなど思い出しやり過ごします。
ほどなくしてエステシャン登場。この5分が結構ツライ(笑)

■ 痛いんですか? えぇ、痛いです。

照射が痛いのは、以下の要因で決まると思います。

・皮膚が薄い
恐らく刺激を受ける神経までの距離が短く、
光ががっつり届くからかと思います。
なので、ほぼ粘膜に近いIラインがは皮膚が薄くて痛いんです。

・毛が太い濃い
光は黒い色に反応するので、
太く濃い毛にはバシッと熱量が行き温度がります。
その痛みが毛の周辺の肌に来るので痛いんです。

・肌の色素が濃い
黒い色に反応する光なので、色素沈着していると光に反応して痛いんです。

・骨から近い
顎とかおでことか、フェイスでも骨に近いところは痛い。
VIOでも骨に近いところは、キーンって反応して痛いんです。

■ 早速照射していきます。順番は、OVIです←だから何だ

・まずはO=お尻奥。

まずは施術台の上にうつ伏せに寝っ転がります。
そして、紙パンツをギリギリまで降ろされます。えぇ、恥ずかしいです。
まな板の上の鯉状態です。
うつ伏せ寝だから、自分で見られないのが不幸中の幸いです。

まずは剃毛です。

剃り残しを、顔のうぶ毛用シェーバーで綺麗に剃り上げてくれます。
(聞いて確認取りましたw顔剃り用です。)
ええ、もう、その穴の部分も、シェーバーが当たる感じで
(もちろん全く痛くありませんが)ガンガン剃ってくれます。

そして、冷やしたタオルか何かをその割れ目部分に挟んで、
そのまましばらく冷却。この格好も見られたらお嫁に行けませんね。
その後冷たいジェルを塗ります。これが、冷たいっ!
そして、いざ、照射です。

Vの上の方から照射して行きますが、最初は殆ど痛くありません。
しかし、O部分に近づくにつれ痛くなり、そして、Oの真上は痛いです。
ちょっとお尻がぴくってなります(笑)

なんでこんな苦労してまでお金までかけて、
って悲しくなってきたりもしました(笑)

・そしてVラインへ。

お次はVライン。
施術台の上に仰向けに寝ると、まずはバスタオルをかけてくれます。
エステティシャンは、なるべく私が恥かしくないように、
いろいろと気を使ってくれるんですねぇ。

そして、顔にもタオルをかけられて、その上からゴーグルをかけられます。
光で目がやられないようにっていうのもあるのでしょうが、
何も見えないほうが恥かしさが減少するので助かります(笑)

次に、バスタオル等をまくり上げられ、
紙パンツをVライン部分が見えるぎりぎりまで降ろされます。ギ
リギリまでで不必要に降ろさないところも、気を使っているようです。

Oと同じように、剃って、冷やして、ジェルを塗って、照射となります。
どうでもいいですが、Vラインのジェルが一番冷たさを感じます。
ひょいぃっっ、て腰から震えます。

Vは上の方から下のほうになるに従って痛みが増します。
特に、下着と擦れて色素沈着している部分で、Iラインに近づいていくと、
皮膚が薄くなるわ、肌の色が濃くなるわ、剛毛だわで、
痛いぃ(泣)Oより痛いです、圧倒的に痛いです。

あうぅ。。。なんで私こんな苦労してまでお金かけてまで、、、
泣きたくなって来ます(笑)

・そして一番痛いと噂のIラインへ突入!

痛いだけじゃないんです、施術される格好が恥かしいんです。

Ilinekakko

仰向けに寝たまま、膝を外側にして足を開きます。
そして、紙パンツをのクロッチ部分を、
ギリギリまで引っ張って何かで留めているよう。
あぁ、お母さんこんな格好して人様にこんなところを晒して、ごめんなさい。
(彼に晒すのとは違う恥かしさがあるんですよね。。)

そうそう、剃毛処理した後、ガムテープの優しいやつみたいなので、
処理した毛をべリベリと取り除くのですが、
それが、痛いんじゃなくて、くすぐったい。。。。思わず笑ってしまい、
エステティシャンにはすみませんと謝られつつ、
クスクス笑われてしまいました(笑)

で、冷却処理してフラッシュして行くのですが、、、

これが痛いっ!!!!!!!!
Iライン痛いっ!!!!!!!!


どれくらい痛いかちょっと実験してみました。
よく輪ゴムでパチンとはじくような痛みと表現されますが。。。
普通のごく一般的な輪ゴムを指にかけて、
20cm伸ばしてパチンとやってみて下さい。結構痛いですよね。
これが一番痛かったところの痛みです。

それを、他人が、連続で、あんなところにバチバチを当てていくわけですよ。
そりゃもう、恐怖も手伝って、痛いのなんの。

ワキとか足、手の脱毛なんて、7,8cm伸ばした痛さに過ぎません。
圧倒的に痛さが違います。レベルが、格が違います。

しかし、強がりな櫻田はそんな素振りなど見せません。
痛いとも言わずに左側を耐え切りました。
っていうか、貧乏だから、出力下げられたら回数増やさないといけないし、
余裕をかましてる振りして、出力最大にして欲しいので(笑)

するとエステティシャンが「痛くないですか?大丈夫ですか?」と
優しく聞いてくるではないですか!

櫻田:とっても痛かったです。
エス:ピクリともしないので、痛くないのかと思いました。
櫻田:我慢してただけなんです、、痛かったです。。。
エス:皆さんピクっと動いたりされるんですが。。
櫻田:痛かったですが、どうぞ遠慮なくガンガン当ててください(笑)

本当に痛くて辛くて耐えられないっていう場合は、
ゆっくり照射してくれたり、出力を落としてくれるようなので、
脂汗をかくほどなら、正直に言った方が良いですよ。
来るのが苦痛になって、続かなくなってはもったいない。

ちなみに、Vラインの方が痛いという方もいらっしゃるようで、
痛みの感じ方の違いや、色素沈着、剛毛さによって違うんでしょうねぇ。

施術最中はI部分の剛毛が消えて、すっきりさっぱりになった自分を想像します。
さらに、布部分が小さい感じの、インポートモノのショーツを着こなす自分、
これまたインポートモノのビキニを着こなして、
波打ち際を闊歩する自分を想像します。

ええ、この一瞬を我慢すればいいだけなのだから。。。
そう思えばどんな痛さも耐えられるというものです。

だいたい女性は痛みに耐えるのが得意な生き物です。
我慢できない痛みではありませんので、皆さまその点についてはご心配なく。
あなたも耐えられます。死ぬほどではありません、ご安心ください。
(安心できねーよ)

Iは内側に行けば行くほど、O側に行けば行くほど痛いです。
そんなことを知ってもどうにもならないと思いますが、
はい、一応レポなので伝えておきます。

■ 施術は着替えやお冷やしも入れてトータル40分位。


今回はV部分も全剃りしたので(追加料金かかりません)、
少し長くかかったと思います。施術時間は15分くらいです。
なんのことはありません。大丈夫です。

(何かちょっと自分に言い聞かせている感もありますが。。。)

エステティシャンも慣れていて、サクサク仕事を進めてくれるし、
手とか足とかと違って、どこも当てにくそうな集中力が必要そうな場所だし、
場所が場所だしで、面倒な会話が展開されることもありませんでした。

許されるのであれば、大好きな音楽、
それもかなりロックなヤツを聞きながら施術とか、
何か気持ちを紛らわす方法を考えたらいいんじゃないかと思いました。

とりあえず、何ともいえない達成感を感じて意気揚々とサロンを後にしました。
次回はVIO施術後の苦悩をお届しますっ☆

ピュウ・ベッロ
このサロン、名前が読みにくいし、言いにくいよね。

##2011年頃のメルマガ&Blog(削除済)の記事をお引越ししてます。

2 Comments

  1. 突然のご連絡失礼致します。
    株式会社ココビューティーの伊藤と申します。

    弊社は、メディア事業運営のほか、
    「脱毛ラボ」等のエステサロンや脱毛サロンの一次代理店として活動を行っています。

    現在、提携が可能なパートナー様を募集致しております。
    この度、櫻田様のブログを拝見し、
    是非櫻田様とお取組みができればとご連絡させていただきました。

    掲載方法は、バナーやテキスト広告など様々、こちらからの指定はございません。
    是非御社の販促メディアの1社としてご活用ください。

    突然のご連絡となり大変恐縮ではございますが、
    詳細につきましては、
    伊藤<y_ito@cocobeauty.co.jp>までご連絡いただければ幸いです。

    何卒よろしくお願い致します